人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

北方圏国際シンポジウム 

2017年2月19日-22日に北海道紋別で行われた第32回北方圏国際シンポジウムに浮遊生物分野から平井が参加し、口頭発表を行いました。紋別市のオホーツクタワーでは継続的に海洋モニタリングが行われています。発表では2年分の動物プランクトン群集を分子生物学的手法で解析した結果を報告しました。陸水の影響、底生生物の浮遊幼生、暖水・冷水種の季節的な出現など多様な環境・生物群集が観察されています。

今後は発表後にいただいたコメントを活かし、内容をより磨き上げたいと思います。
また、12年ぶりの冬の北海道で見事に転びました。転ばないことも次回の個人的な目標です。


Metagenetics of zooplankton community in the Okhotsk Sea

Junya HIRAI, Seiji KATAKURA, Hiromi KASAI, Masaki IWABUCHI, Satoshi NAGAI

a0148134_11182439.jpg


by plankton_ori | 2017-02-25 11:14 | 研究の話