人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

カテゴリ:その他( 7 )

巨星堕つ

当研究室OB、寺崎誠名誉教授が8月4日、亡くなられました。
享年68歳、短すぎる生涯と言わざるを得ません。

寺崎先生は、海洋研究所にあって、国際研究センターの立ち上げ、国際沿岸研究センターの拡充改組、新白鳳丸の建造を牽引し、所長としては、海洋研究所の柏キャンパス移転の筋道をつけた、まさにブルトーザーのような実行力をもった剛腕研究者でした。また、東大ボクシング部に始まり、現在では日本アマチュアボクシング協会副会長を務め、ボクシングの振興と発展に尽力されてきました。

また、剛腕と申し上げましたが、非常に繊細な気配りをする先生でもありました。学生時代のボクシングの試合を見た人によれば、非常に美しいアウトボクシングをする選手だったと聞いています。しかし、先生はファイターであり、剛腕であることを好まれたように思いますので、今日は、剛腕でファイターであった寺崎先生を見送りたいと思います。

私が修士の学生だったとき、大槌湾で調査船を操縦していただいたのは先生でした。
世界一周航海で20人分のパスポートを腰に巻き、治安の悪いティファナの町にビザを取りに行ったのも先生でした。
博士論文審査の時、想像もしなかった質問で度肝を抜かれたのも先生でした。
今まで食べた鮨でもっとも美味しい鮨をごちそうになったのも先生でした。
航海のマネージメントを身をもって教えていただいたのも先生でした。
研究者としての生き方、人生の楽しみ方を教えていただいたのも先生です。

本当にありがとうございました。
津田敦
by plankton_ori | 2011-08-06 15:05 | その他

カニクン、このカニ何のカニ?

先月、大槌の臨海研究所で、7機関の動物プランクトン研究者集まり、集中実験をやりました。この写真は、その時、防波堤で採集されたカニです。見たことのないカニなのだが、何だろう?かにくん、教えて。
TSU
a0148134_2153534.jpg
a0148134_2155829.jpg

by plankton_ori | 2010-12-03 21:06 | その他

クラゲの話

a0148134_14221167.jpg


研究室の助教の西川です。

今このクラゲに関する仕事をしています。

クラゲも動物プランクトンの仲間ですが、特に体の大きい種は動物プランクトンで通常使われる研究手法がそのまま適用出来ない場合も多いです。

例えば、個体数密度ひとつをとってみても、通常のプランクトンネットではなかなか正確に推定出来ません。より大型のネットで調べたり、水面に浮いているものを船でカウントして回ったり、浜に打ち上げられた数から推定している研究もあります。

また、比較的古くから生きている動物なので、代謝やアミノ酸合成なども後生動物の中でも変わっています(まだすべてが解明されているわけではありません)。いわゆる普通の動物プランクトンにあてはまらない分、いろいろと面白いことも多い生き物です。

実際には扱おうとすると刺されるし粘液まみれになるし、ハンドリングにも弱いデリケートな生き物なので、クラゲを研究するにはそれなりに忍耐力や体力を要求されます。でも、傘を拍動させながら水中を漂うクラゲは、本当に美しい生き物だと思います。

ところで、このクラゲは食用として漁獲されてるんですが、おいしそうに見えますか?(笑)
by plankton_ori | 2010-08-09 22:21 | その他

海の写真

a0148134_10193741.jpg


研究室の助教の西川です。

海の上での仕事は睡眠不足や船酔いで辛いことも多いですが、ごくたまに信じられない美しい景色や美しい生き物を目にすることも出来ます。そういった海の写真をご紹介していきます。

この写真は、先日の相模湾での観測中に遭遇した夕暮れです。うっすらと富士山が写っているのがわかるでしょうか。
by plankton_ori | 2010-07-01 19:04 | その他

ホームページ更新

柏キャンパスへの移転に合わせて、研究室の公式HPを大幅にアップデートしました。
まだ一部作成中のページもありますが、本日より公開開始しました。
リンク切れ等ありましたら、こっそり教えてください。
以上、業務連絡でした。

HP担当SS
by plankton_ori | 2010-05-14 17:49 | その他

海洋研お別れ会

今日はOBも参加される中野キャンパスのお別れ会です。
TSU
by plankton_ori | 2009-12-10 10:18 | その他

公式?ブログ

本日より、浮遊生物分野のブログを立ち上げました。とりあえず暫定版で運用開始です。
Shimo
by plankton_ori | 2009-12-04 14:17 | その他