人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

カテゴリ:研究の話( 19 )

第一回海洋生物学シンポジウム

2017 年3 月21 日から22 日に東京海洋大学品川キャンパスで行われた第一回海洋生物学シンポジウムに参加しました。
浮遊生物分野、国際協力分野からは平井、大西、髙木(悠)が口頭発表を行いました。また、一部のメンバーはシンポジウムの運営にもあたりました。予想をこえる100名以上の参加者があり、活発な議論も行われました。


メタ18S 解析による新たな捕食-被食関係の探索―カイアシ類餌料としてのラビリンチュラ類を例に―
 平井惇也・浜本洋子・本多大輔・日高清隆


飢餓におけるCalanus sinicus雌成体の遺伝子発現
 大西拓也・平井惇也・下出信次・津田敦


光共生する浮遊性有孔虫の鉛直移動の検証
 髙木悠花・齊藤宏明 


by plankton_ori | 2017-03-25 12:07 | 研究の話

北方圏国際シンポジウム 

2017年2月19日-22日に北海道紋別で行われた第32回北方圏国際シンポジウムに浮遊生物分野から平井が参加し、口頭発表を行いました。紋別市のオホーツクタワーでは継続的に海洋モニタリングが行われています。発表では2年分の動物プランクトン群集を分子生物学的手法で解析した結果を報告しました。陸水の影響、底生生物の浮遊幼生、暖水・冷水種の季節的な出現など多様な環境・生物群集が観察されています。

今後は発表後にいただいたコメントを活かし、内容をより磨き上げたいと思います。
また、12年ぶりの冬の北海道で見事に転びました。転ばないことも次回の個人的な目標です。


Metagenetics of zooplankton community in the Okhotsk Sea

Junya HIRAI, Seiji KATAKURA, Hiromi KASAI, Masaki IWABUCHI, Satoshi NAGAI

a0148134_11182439.jpg


by plankton_ori | 2017-02-25 11:14 | 研究の話

白鳳丸KH-16-7航海 2

浮遊の平井です。
早速ですが、昨年末まで乗船した白鳳丸KH-16-7航海について報告します。
12月6日から26日までの本航海は前半が新海洋像(NEOPS)、後半が海洋混合学の創設(OMIX)という2つの大きなプロジェクトが関わる航海です。東京を出港後に南下し、西部北太平洋亜熱帯循環内の観測後、沖縄トラフ周辺で観測を行いました。

物理、化学、生物と他分野の研究者が乗り込み多くの観測が行われましたが、我々は採水やネット観測が中心に行い、西部北太平洋亜熱帯域の物質循環や動物プランクトンの多様性・生態に関わる研究を進めました。今回はその船上生活の一部をご紹介したいと思います。


CTD観測
a0148134_01243397.jpg




















VMPSによる動物プランクトン層別採集
ネット観測は東京大学農学生命科学の皆さんと協力して行いました。
a0148134_01201400.jpg


































MOHTによるマイクロネクトンの採集
夜に中層から表層に上がる生物が多いため、夜間の採集が中心となります。
a0148134_01244478.jpg





















実験室の風景。
飼育ネットで採れたプランクトンの船上飼育を行いました。
a0148134_01245337.jpg




















荒天のため島影待機中
a0148134_12575269.jpg




















荒天のため観測の中止や待機、多くの予定の変更を余儀なくされた本航海でしたが、限られた時間の中でも貴重な試料を得ることができました。研究航海は乗船研究者だけでなく、白鳳丸の船員の方々、観測技術員、海洋研究開発機構及び大気海洋研究所の陸上スタッフ等の多くの方々からの支援の上で成り立っています。より良い成果を出せるように今後の実験・解析に励みたいと思います。

また、本航海は個人的にも2年以上ぶりの白鳳丸航海となりました。学生も多く乗る白鳳丸の航海では自分ももう中堅。本航海を主導した頼もしい研究者の方々のようになれるように精進していきたいです。積み込んだお菓子、おつまみ、お酒が少なく打ち上げ前に枯渇したのも反省です。




















最後に観測終了後の集合写真。打ち上げ+船上のメリークリスマス。
打ち上げでは無礼講!?
a0148134_12574041.jpg

















by plankton_ori | 2017-01-08 13:56 | 研究の話

髙木悠花特任研究員が若手優秀発表賞受賞

2016年9月に鹿児島で行われた日本海洋学会2016年度秋季大会において、髙木悠花国際連携研究センター特任研究員が、「浮遊性有孔虫各種の光共生性と光合成生理特性」の研究発表により、若手優秀発表賞を受賞しました。副賞は幻の「魔王」でした。


a0148134_14335343.jpg

by plankton_ori | 2016-12-27 14:34 | 研究の話

白鳳丸KH-16-7航海

12月6日から26日に、白鳳丸航海KH-16-7が行われました。
プランクトンラボ関係者からは、平井助教、髙木(悠花)国際連携研究センター特任研究員、齊藤国際連携研究センター教授が参加しました。

くわしくは後ほど
a0148134_14234077.jpg

by plankton_ori | 2016-12-27 14:24 | 研究の話

タイ現地調査

今回も調査報告をヤスが行わせていただきます。

6月30日~7月9日にかけてタイへ動物プランクトンのワークショップ並びに動物プランクトン採集へ行って参りました。
今回はチョンブリー県にあるBurapha大学のKhwanruanさんをはじめThe Institute of Marine Science の皆様にお世話になりました。
a0148134_14472647.jpg

最初の7月1日~4日はBurapha大学にてクラゲに関するワークショップが行われたのですが、大盛況で、座学だけでなく、フィールドワークに出かけたり、種査定の実技を行い、多くの質問が飛び交う充実した4日間となりました。
a0148134_1511683.jpg

a0148134_14544359.jpg


さて、残りの5日~8日はタイ南部でのサンプリングです。
a0148134_15191154.jpg

チュムポーン県、スラートターニー県、ナコーンシータンマラート県で採集を行いながら南下し、最終的にはソンクラー県まで採集しに行きました。
a0148134_15311161.jpg


調査は概ね成功で、希望していた種類を採集する事が出来ました。

タイの皆様は本当に親切で、調査を行うにあたり多くの手助けをして頂きました。
この場をお借りして深く御礼申し上げます。


(ヤス)
by plankton_ori | 2013-07-10 00:00 | 研究の話

マレーシア現地調査2

マレーシア調査の様子を国際協力分野のホームページでも公開しました。
そちらもどうぞご覧下さい。
国際協力分野 http://mits10.aori.u-tokyo.ac.jp/lirc/index.html
by plankton_ori | 2013-06-07 14:15 | 研究の話

マレーシア現地調査

久々の更新です。
今回は国際連携研究センターの調査報告でございます。

5月24日~6月4日にマレーシアへアマモ場生態系に関する共同現地調査へ行って参りました。
今回もUPMのProf.Fatimahさんの研究室にお世話になりました。
多くのチームが合同で採集を行うので、綿密な打ち合わせが行われました。
a0148134_18405368.jpg


出発前の荷物の準備ですが、すごい量です。
a0148134_18124445.jpg


今回調査を行った場所はジョホール州メランボン。シンガポールと橋で繋がるこの町は
アマモ場、マングローブ林などの自然が残る一方、人間活動による汚染が懸念されている場所でもあります。
a0148134_1711139.jpg


干満の差が3m近くあり、干出時にアマモ、底質の採集・調査、満潮時に動物プランクトンの採集を行いました。
同じ場所とは思えない2枚の写真です。
a0148134_18354720.jpg

a0148134_17152443.jpg


私もUKMのTeru PH.D.のチームに手伝ってもらいマングローブ林でアミ類の採集を行いました。
a0148134_1816361.jpg

都市化が進んでいますが、サンプリングの途中ではワニを見かけました。
まだまだ生態系は豊なようです。

さて、今回の調査では魚類、ベントス、プランクトン、粒状有機物、マングローブ植物、堆積物等、生態系のおもな構成要素を採集・同定し、安定同位体比分析、汚染物質分析および遺伝子解析を行います。
それぞれの分析項目に応じたサンプルの処理が必要となり、連日深夜まで処理に追われる日々でした。
a0148134_18323413.jpg



マレーシアの皆様には本当親切で、調査を行うにあたり多くの手助けをして頂きました。
この場をお借りして深く御礼申し上げます。


(ヤス)
by plankton_ori | 2013-06-04 07:12 | 研究の話

淡青丸航海 KT-12-10

初めまして、M1の早崎です。
やっと院生として馴染んでこれたでしょうか?今後ともよろしくお願いいたします。


5月10日から18日まで淡青丸航海に行ってきました。
自分は院生初めての乗船で、半分ワクワク半分不安でした。
塩釜からの乗船で、まずは仙台まで新幹線。最新のこれです。
a0148134_2318436.jpg



珍生物シリーズです。まずはチョウチンアンコウ。ぶよぶよでした。
a0148134_23243356.jpg



次にシギウナギ。この口でよく餌が食べられるなと感心します。
a0148134_2339565.jpg



名前がわかりませんが深海ザメです。目がとてもきれいです。
a0148134_23392866.jpg



沖で観測中に珍客が。稚内から飛んできたそうです。
a0148134_23361883.jpg



今回は宮本さん、底生の北橋さん、ウッズホール海洋研究所とJAMSTEC、地震研究所からの研究者の方も一緒に乗船しました。西川先生はじめ、乗船中みなさまには大変お世話になりました。ありがとうございました。
a0148134_23481350.jpg



出港後、悪天候で最初から予定変更があったり、24時間ビックサンダーマウンテンに乗っているような揺れもありましたが、無事に帰港できてとても楽しい航海でした。


独り言  釣りも英語ももっと頑張らないとなぁ・・・。
by plankton_ori | 2012-05-29 22:00 | 研究の話

2011年度8月 蒼鷹丸航海

みなさま、はじめまして。案です。
初投稿でドキドキしつつブログ更新します。

8月26日から9月4日にかけて、中央水産研究所の蒼鷹丸にお邪魔してきました。
浮遊生物分野から平井・案の2名が乗船しました。
a0148134_18152756.jpg


定点調査ではCTD観測・ネット採集などのお手伝いをしました。
きれいな海と空の下だと観測機器も輝いて見えます。
a0148134_18275665.jpg


定点調査の合間に研究サンプルを取らせて頂きました。
平井さんが一生懸命、サンプルの固定をしている様子です。
酔ってふらふらしていた案と違い、テキパキと仕事をこなしていました。さすがです!
a0148134_1850375.jpg


案が持ち込んだFlowCAMさん。
いつもは言うことを聞いてくれないのですが、今回の航海では絶好調に撮像してくれました。
a0148134_18421135.jpg


調査の合間にたそがれてみたり・・・
a0148134_18594961.jpg


短い時間でしたが、イカ釣りをしました。5杯ゲット!
a0148134_18553384.jpg


今回の航海で感動したのは、海の色の変化でした。
湾内と、黒潮、南の亜熱帯の外洋域でははっきりと色が違うのですね。

清水湾内の海の色。緑っぽい。
a0148134_18164935.jpg

黒潮の真ん中での海の色。黒っぽい。
a0148134_1818592.jpg

黒潮を抜けて亜熱帯な海の色。青い!
a0148134_18184632.jpg


最後の数日間はあいにくの台風で調査が出来ませんでしたが、とても楽しい航海でした!
中央水研のみなさま、静岡大の宗林先生、東北水研の谷内さん、国環研の山口さん、ありがとうございました!

【追記】
次はイカ釣り負けません。 by 平井
by plankton_ori | 2011-09-06 19:12 | 研究の話