人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

クラゲの話

a0148134_14221167.jpg


研究室の助教の西川です。

今このクラゲに関する仕事をしています。

クラゲも動物プランクトンの仲間ですが、特に体の大きい種は動物プランクトンで通常使われる研究手法がそのまま適用出来ない場合も多いです。

例えば、個体数密度ひとつをとってみても、通常のプランクトンネットではなかなか正確に推定出来ません。より大型のネットで調べたり、水面に浮いているものを船でカウントして回ったり、浜に打ち上げられた数から推定している研究もあります。

また、比較的古くから生きている動物なので、代謝やアミノ酸合成なども後生動物の中でも変わっています(まだすべてが解明されているわけではありません)。いわゆる普通の動物プランクトンにあてはまらない分、いろいろと面白いことも多い生き物です。

実際には扱おうとすると刺されるし粘液まみれになるし、ハンドリングにも弱いデリケートな生き物なので、クラゲを研究するにはそれなりに忍耐力や体力を要求されます。でも、傘を拍動させながら水中を漂うクラゲは、本当に美しい生き物だと思います。

ところで、このクラゲは食用として漁獲されてるんですが、おいしそうに見えますか?(笑)
by plankton_ori | 2010-08-09 22:21 | その他