人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宴会は続く

秋の山場を越えたと思ったら、今度は宴会が続いています。まづ、10月から研究生で加入した平井さん、西田さんの研究室に加入したマリーマーさんの歓迎会。平さんはちょっと変わりダネで、修士課程を英国で終了後、帰国、来年度の博士課程入学を目指します。見た目は今風ですが、どうやらまじめみたいです。今風=不真面目と思ってしまうところが、加齢のせいだとは思うのだが。宴会は柏の「ぶらい庵」。米国にいる町田に見せつけようと、タイのかぶと煮を載せました。
 しかし、このすぐ後に、彼は一時帰国したのでした。そしてまた宴会。今度は、町田一時帰国と国際センターのBill Miller博士の歓迎会という名目で、国際センター、浮遊生物関係者30名近い参加者で、西口の「吉春」だったかな。私はすっかり忘れていましたが、西田さんは、先週還暦を迎えたところで、学生がちゃんと、それを把握しており、赤いライフジャケットと毛糸の帽子をプレゼント。
 さて、今日新聞(東京新聞)を開くと、見たような顔、見たようなシャツがあり、町田さんです。宴会のときと同じシャツだが、あの日に取材があったのだろうか?
TSU
a0148134_10395580.jpg

a0148134_10402915.jpg

a0148134_10435663.jpg

東京新聞11月26日朝刊
by plankton_ori | 2010-11-26 10:45 | 近況

柏キャンパス一般公開

助教の西川です。

すっかり遅くなりましたが、津田先生が留守の間、我々助教、ポスドク、院生、研究生一同は柏キャンパス一般公開の展示案内をしました。

a0148134_13294378.jpg


柏キャンパスに移ってから初めての一般公開でどうなることかと思いましたが、中野キャンパス時代の混み合い感こそ無かったものの、土曜日は台風直撃にもかかわらず意外とお子様ずれのお客さんが多く、大気海洋研究所も賑わいを見せました。

a0148134_13302261.jpg


我が浮遊生物分野の展示はポスター2枚にプランクトン標本などとシンプルなものでしたが、

a0148134_1332735.jpg


自作マスコット「カイアシ君」2匹が会場を盛り上げました。新人の安木さん、平井さんが中に入ってくれました。来年はもっとすごいかぶり物を用意出来るかな?(笑)

a0148134_13331319.jpg


カイアシ君の説明を熱心に聞く子供達です。多少おびえ気味かも?(笑)

「クラゲがプランクトンなの?」、「食べられるプランクトンはいるの?」など、なかなか熱心に質問される方もいらっしゃいました。
by plankton_ori | 2010-11-14 11:15 | 近況

PICES and FTI

 9月から巡業が続いています。山場は大槌臨海実験所ーPICESーFTIの3連ちゃんでした。大槌は動物プランクトンを研究する7研究室の学生や教員が集まり5日間、実験と議論を行いました。なかなか楽しかったのですが、写真を撮り忘れたので、次の機会に。
 PICESは「北太平洋の海洋科学に関する条約機構」で、難しく考えなければ、研究発表とワークショップを集中的に行う会、とでもいえると思います。今回は藤岡さんの海外デビューで、ラムネ断ちをして、発表に臨みました。なかなか堂々とした発表でした。ポートランドは雨ばかりで散歩にも行けず、不満は残りますが、米国なのに、レストランの質が高く、食べ物は楽しみました。今回は米国開催とあって、Parsons博士、Banse博士、Pearcy博士、Smyda博士など、私が学生の頃教科書を書いていたような大御所が散見されたのも印象的です。
 さて、成田で一泊した後は英国Southhamptonで、IGBP-FTIワークショップです。これは武田さんに指名されて行くことになったのですが、Nutrient limitationに関して20人程度の研究者が集まり、情報交換をして総説を書くという、最近流行りの形式です。こうやって書くと世界をまたにかける一流研究者のようですが、実際は、あまり貢献できたとは言えません。これは、1.英語の壁(話されていることはだいたい分かるが適切なタイミングで適切なことを言うことは難しい)。2.専門分野での知識はあるが、ちょっと離れた分野の知識が統合されていない、かつ、全球的なものも見方が不足している。3.議論しものを作り上げていくという文化的風土が日本には不足している。と考えます。とはいえ、出席した研究者はレベルが高く、背筋が伸びました。来年、研究所の共同利用を使って、同じ試みをやってみようと思っていますので、栄養塩制限に興味がる方は是非。
TSU
a0148134_1134059.jpg

藤岡のデビュー戦。となりは座長のDagg博士。非常に答えずらい質問にDagg博士が助け舟
a0148134_11354931.jpg

Karl Bnase博士と齊藤さん。博士は鉄制限仮説に真っ向から論陣を張ったことは記憶に鮮明。
a0148134_11391542.jpg

最終日に行われたSB(科学委員会)。今年はオブサーバー参加であるが、来年からは生物委員会議長として出席する。とほほ。
a0148134_11405625.jpg

サザンプトンNational Oceanographic Centerで行われたWSの様子。議論はほぼ終結し、各グループに分かれてのライティング
by plankton_ori | 2010-11-12 12:56 | 近況