人気ブログランキング |


東京大学 大気海洋研究所 浮遊生物分野のブログ ホームページはこちらです→http://www.ecosystem.aori.u-tokyo.ac.jp/plankton/index.html


by plankton_ori

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

近況
研究の話
シンポのお知らせ
ゼミのお知らせ
予定
その他

最新の記事

平井惇也助教が日本プランクト..
at 2018-04-03 18:16
平井助教のブリティッシュコロ..
at 2018-04-03 17:52
新年度スタート & お花見
at 2017-04-10 12:41
送別会
at 2017-03-30 12:09
第一回海洋生物学シンポジウム
at 2017-03-25 12:07

以前の記事

2018年 04月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

検索

その他のジャンル

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

厦門での国際シンポジウム

1月9日から11日に厦門大学で開催されたXMAS-III(The 3rd Xiamen Symposium on Marine Environmental Sciences)に津田と齊藤が参加しました。厦門大学は中国の海洋科学を牽引する大学です。齊藤が新学術領域研究の成果を「Geography of biogenic elements in the North Pacific Ocean」の演題で発表しました。
a0148134_16343904.jpg
印象的だったのは、大学院生、若手研究者が増えていることです。また、若手研究者の多くは北米、ヨーロッパ、日本に留学したり滞在して共同研究を行って、研究レベルが急速に高まっていることを実感しました。
a0148134_16320817.jpg
前回厦門を訪問したのは、10年前。街並みはすっかり変わり、高層ビルが増えていました。

by plankton_ori | 2017-01-14 16:36 | 近況

白鳳丸KH-16-7航海 2

浮遊の平井です。
早速ですが、昨年末まで乗船した白鳳丸KH-16-7航海について報告します。
12月6日から26日までの本航海は前半が新海洋像(NEOPS)、後半が海洋混合学の創設(OMIX)という2つの大きなプロジェクトが関わる航海です。東京を出港後に南下し、西部北太平洋亜熱帯循環内の観測後、沖縄トラフ周辺で観測を行いました。

物理、化学、生物と他分野の研究者が乗り込み多くの観測が行われましたが、我々は採水やネット観測が中心に行い、西部北太平洋亜熱帯域の物質循環や動物プランクトンの多様性・生態に関わる研究を進めました。今回はその船上生活の一部をご紹介したいと思います。


CTD観測
a0148134_01243397.jpg




















VMPSによる動物プランクトン層別採集
ネット観測は東京大学農学生命科学の皆さんと協力して行いました。
a0148134_01201400.jpg


































MOHTによるマイクロネクトンの採集
夜に中層から表層に上がる生物が多いため、夜間の採集が中心となります。
a0148134_01244478.jpg





















実験室の風景。
飼育ネットで採れたプランクトンの船上飼育を行いました。
a0148134_01245337.jpg




















荒天のため島影待機中
a0148134_12575269.jpg




















荒天のため観測の中止や待機、多くの予定の変更を余儀なくされた本航海でしたが、限られた時間の中でも貴重な試料を得ることができました。研究航海は乗船研究者だけでなく、白鳳丸の船員の方々、観測技術員、海洋研究開発機構及び大気海洋研究所の陸上スタッフ等の多くの方々からの支援の上で成り立っています。より良い成果を出せるように今後の実験・解析に励みたいと思います。

また、本航海は個人的にも2年以上ぶりの白鳳丸航海となりました。学生も多く乗る白鳳丸の航海では自分ももう中堅。本航海を主導した頼もしい研究者の方々のようになれるように精進していきたいです。積み込んだお菓子、おつまみ、お酒が少なく打ち上げ前に枯渇したのも反省です。




















最後に観測終了後の集合写真。打ち上げ+船上のメリークリスマス。
打ち上げでは無礼講!?
a0148134_12574041.jpg

















by plankton_ori | 2017-01-08 13:56 | 研究の話

着任の挨拶

挨拶が遅れましたが、11月1日より浮遊生物分野のの助教に着任しました平井惇也です。
2014年3月にこちらで学位を取得後、中央水産研究所での学振特別研究員(PD)を経て戻ってきました。
居室は学生室と同じで400号室になります。
研究室のメンバーと一緒にプランクトン研究を盛り上げていけたらと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


また、研究室のホームページ担当となりました。
こちらのブログとともに研究室の情報を発信していきたいと思います。


by plankton_ori | 2017-01-08 00:03 | 近況